婚活パーティーで出会う

婚活で運命の人に出会うために必要なこと

ピアノ講師が婚活で苦戦する理由とアピールポイント

彼女としては魅力溢れる女性と映るピアノ講師が、いざ結婚となるとなかなか思うように話がまとまらず、婚活で苦戦する傾向が強いと言われています。ここでは世間が抱くピアノ講師に対するイメージや、いざ結婚となると男性側が慎重になってしまう理由、そして婚活に臨むに際しての注意点や、ピアノ講師ならではの自身のアピールポイントなどをご紹介します。

婚活に苦戦するピアノ講師の現状

ピアノ講師はピアノの演奏技術と音楽理論を生徒に教えるだけでなく、音楽の素晴らしさ、楽曲が持つ魅力的な世界をより多くの人に伝える、芸術的な感性とセンスの良さが求められる職業です。小さな子どもに根気よくピアノの楽しさを教えるためには、幼稚園や小学校の先生にも共通して求められる、包容力と指導力が必要です。

そんな明るくやさしく楽しいピアノ講師は、理想の母親像と重なるところからも、男性からすれば結婚相手として魅力的と映るかと思われます。ところが実際には婚活に苦戦してしまい、世間一般が考える婚期を逸してしまうケースが少なくありません。

こうした苦境に陥らないためにも、その理由を冷静に受け止め、自分と結婚するメリットやピアノ講師ならではの魅力を、しっかりと相手にアピールできる女性であることが求められます。

結婚相手として世間一般がピアノ講師に抱くイメージ

世間一般がピアノ講師に抱く先入観として、一昔前の表現を用いるなら「箱入り娘」すなわち「お嬢さま」があげられます。それなりに裕福な家庭で、幼いころからピアノと向かい合う英才教育を施され、そのまま大人になったため、世の中を知らず世間が狭い印象です。

このイメージは世間一般の尺度からすれば、当たらずとも遠からずでしょう。指にケガを負っては一大事と、子ども時代に活発に屋外を駆け回ることを制限され、青春時代もレッスンに時間を奪われ、恋愛やアルバイトなど、年齢相応の経験を積む機会に恵まれなかったかも知れません。

さらに学校を卒業後から、そのまま音楽の世界に進んでしまえば、実社会で働いた経験もなく、周囲は同じ世界の限られた人間関係のなか、仕事を通じて男女交際に進展する機会も、自ずと限られてしまいます。また若くして生徒や保護者から「先生」と呼ばれる環境のため、世間知らずの特殊な存在と思われるリスクが否めず、この先入観が結婚相手としては不適格との判断につながっていると思われます。

当事者としては非常に寂しい誤解と感じられますが、ピアノ講師イコール「別世界の女性」と捉える向きが、潜在的に根強いのが現実です。

収入面から見る結婚相手としてのピアノ講師

ピアノ講師が働く場は当然ピアノの前であり、収入を運んでくれるお客様が生徒です。

ピアノ講師として働く場合、音楽教室の講師として、あるいは自宅で個人の音楽教室を開講する、いずれかのスタイルが基本です。前者の音楽教室に在籍する場合、歩合給制度が採用されているケースが大半で、生徒の増減がそのまま収入にダイレクトに影響するのは、個人教室を開講する場合と共通しています。

外部からは華やかで、小さな女の子の憧れの職業として安定した人気のピアノ講師ですが、パートやアルバイト勤務で時給が約束されている人たちと比較しても、収入が寂しい講師も少なくありません。さらには自身がピアニストであるために、勉強と練習を継続せねばならず、音楽会に出かける、自らの演奏会を開くなど、出費すべき金額も小さくありません。

こうした現状から、結婚相手にそれなりの経済力がない限り、結婚後もピアノ講師としての活動を継続することが難しく、婚活苦戦の一因となっています。

必要となる生活環境のデメリット

ピアノ講師としてそのスキルを維持するためには、自宅内にグランドピアノを設置し、自由に演奏できる環境が不可欠です。ですが今日の住宅事情を考慮すれば、自ずと該当する物件が限られます。賃貸物件は九分九厘対象外ですし、一般的な分譲マンションでも管理組合の許諾が得られるとは限りません。

防音設備完備の自宅内スタジオを構築できる新居が準備できる結婚相手でなければ、ピアノ講師を奥様として迎え入れられない現実もまた、婚活の大きなネックとなっています。

ピアノ講師としてのアピールポイント

ピアノ講師と結婚すれば、常に音楽が身近な生活環境が自然と構築され、音楽好きの男性に限らず、心豊かな毎日を過ごすことができます。子どもができれば家族でピアノに触れることができ、無理のない情操教育が可能です。

音楽鑑賞や楽器演奏など、趣味が共通する男性にとっては、これは理想的な家庭環境に違いありません。次に自宅で仕事ができるため、主婦と母と妻とピアノ講師を両立するうえで、自身や家族へのマイナスの影響を最小限に抑えられます。

自宅でのピアノ教室開講は個人事業主としての営業活動であり、定年も遠距離通勤も転勤もありません。家族のライフプランに応じて生徒数を調整すれば、無理なくピアノ講師としての収入を確保できます。また自宅に生徒が出入りすることで、自ずと室内も綺麗に整えられ、ハイセンスな装飾に気を配るなど、プライベート空間が美しく保たれます。

防音対策を施した自宅の一角が、プロのピアノ講師である自身のパートナーの職場と言うシチュエーションは、限られた男性だけに与えられた、特別な生活環境です。

臆さず出会いを探す積極的な姿勢が鍵

ピアノ講師としての毎日のなかでは出会いのチャンスが見当たらないのであれば、自ら積極的に出会いを探すアクションを起こすしかありません。ただ待っているだけでは、結婚のチャンスの糸口さえ掴めないまま、時間ばかりが経過してしまいます。

たとえば婚活パーティーに参加してみるのも一案です。仕事が不規則で忙しい反面、十分な経済力を持つ男性が参加するイベントであれば、結婚後もピアノ講師を続けられる環境を提供してくれる結婚相手候補との出会いの可能性に、期待感が膨らみます。

もしくは結婚相談所の無料カウンセリングを受けてみるなど、まずはキッカケにつながる初動が大切です。「世間知らずの箱入り娘」的なマイナスイメージが囁かれるピアノ講師ですが、羨ましさや嫉妬心が影響しているとも考えられます。

純粋な小さな女の子が素直に憧れる職業である以上、ピアノ講師はキラキラと輝く魅力的な女性として、毎日を一生懸命生きています。大切なのは婚活に対する自信を見失わず、積極的に出会いへと踏み出す勇気です。

関連:出会いたい男性必見!婚活でパートナーを見つけるために覚えておくべきポイント

© 2018 婚活パーティーで出会う Bluesand Theme